冬の嵐で運休明けの車両変更(2月17日)

 発達した低気圧が通過した影響で15日頃から17日午後まで道内各地への特急が運休となりました。19日の朝の時点でも宗谷・サロベツの特急のほか、留萌線、釧網線(釧路~緑)などが運休となっています。北斗、おおぞらは17日の昼頃から運転を再開しましたが、北斗はキハ261とキハ281、おおぞらはキハ261とキハ283で運転しているため、一部列車に車両の変更が出ていました。


      北斗22号はキハ261で運転(苗穂から入線)
DSCN1652_R.JPG

DSCN1663_R.JPG

DSCN1666_R.JPG

      約15分遅れで到着したおおぞら8号はキハ283で運転
DSCN1671_R.JPG

      4番線に到着したすずらんと
DSCN1682_R.JPG

 おおぞらは15日の11号、12号が運休になったため、札幌にキハ261、釧路にキハ283しかいなかったと思われます。そのため、17日の運転再開後に運用を正規に戻す必要があり、
・4005D→40010D:キハ261で運転
・4007D    :キハ261で運転(釧路止まり)
・4006D、4009D :運休
・4008D→4011D:キハ283で運転
・4012D    :キハ283で運転
と、なったようです。


 17日の北斗22号の編成は、
(函館)<キハ281-5+キハ280-110+キロ280-4+キハ280-105+キハ280-4+(自)キハ280-102+(自)キハ281-901>(札幌)

 おおぞら8号の編成は、
(釧路)<キハ283-12+キハ282-109+キロ282-5+キハ282-6+(自)キハ282-2007+(自)キハ283-20>(札幌)


 なお、18日は通常の車両に戻って運転されています。

      おおぞら9号
DSCN1718_R.JPG

      北斗13号→22号
DSCN1737_R.JPG

      北斗13号の隣に到着したおおぞら8号
DSCN1739_R.JPG


 18日のおおぞら9号の編成は、
(釧路)<キハ283-16+キハ282-2005+キロ282-8+キハ282-8+(自)キハ282-2006+(自)キハ283-13>(札幌)

 北斗13号・22号の編成は、
(函館)<キロ261-1113+キハ260-1113+キハ260-1331+キハ260-1320+キハ260-1329+(自)キハ260-1209+(自)キハ261-1209>(札幌)

 おおぞら8号の編成は、
(釧路)<キロ261-1116+キハ260-1116+キハ260-1342;+キハ260-1308+(自)キハ260-1217+(自)キハ261-1217>(札幌)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント