大雪後のオホーツク3号(2月26日)

2月23日からの雪で23日の普通列車が峰延~岩見沢間で立ち往生するなど、24日朝から26日午前中にかけて岩見沢を中心に運休が続きました。札幌~旭川間の特急のほか、宗谷、オホーツクも旭川からの運転になるなど、大動脈の鉄路がストップしてしまいました。26日の午前中には不通が解消し、オホーツクも3号から運転を再開しました。

      苗穂から札幌駅に回送されるキハ183系4両
DSCN2012_R.JPG

      7番線で出発を待つオホーツク3号
DSCN2022_R.JPG

 定時で出発していきました。

 編成は、
(遠軽)<キハ183-9561+キロ182-7551+(自・指)キハ182-7561+(自)キハ183-1551>(札幌・網走)


 オホーツク3号の出発後、同じ7番線に苗穂方面から2両が入線してきました(17:49頃)。17:55頃、折り返して苗穂方面へ出発していきました。

      7番線のキハ150-9+キハ54-528
DSCN2029_R.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント